マッサージチェアの需要 | 溜まりきった疲れを癒したい人には出張マッサージがオススメです
menu

マッサージチェアの需要

足湯をしている女性

時代が進んでいくにつれ、多くの技術が進化していきます。私達の暮らしもどんどん便利になり、今は自宅から物を購入することができるような時代です。車や多くの電化製品が時代の進化に対応しているように思えるかもしれませんが、その中でマッサージチェアが時代にちょっとついていくことができていないように思えます。マッサージチェアは一昔前に、流行って多くのメーカーでも開発され、販売している台数もたくさんあったでしょう。
しかし、今はそのような勢いを感じません。テレビのコマーシャルなどもなく、家電量販店などに行ってもお店の端っこに置かれているような状態になっています。ここまで変わったのは何が原因だと思いますか。単価が高いからとか場所を取るというのも理由としてあると思いますが、実は元々人間が持っているその環境の対応力、つまりは慣れが原因になっているのです。マッサージチェアも購入した最初がマッサージを気持ちよく感じることができると思います。でも、所詮は機械であり応用力はありません。動く範囲や力の高低もメーカーが設定した範囲までしかできません。
そうすると、何回も使っているうちに身体は勝手に慣れてしまい、効果を感じなくなってしまうのです。
マッサージそのものやお店はどんどん変わって、進化している中でこのマッサージチェアは衰退を止めることができないのかもしれません。
マッサージチェアは銭湯などでたまにするくらいが一番いいのかもしれませんね。